丸高ラブリーズ通信2018年7月

2018-07-31

久々に連勝して迎えた5月6日、GW最終日に館山市春季大会準々決勝・対ドリームドッグス戦が行われました!

とにかく重要な試合となったこの1戦。何しろ相手は昨年のこの大会のチャンピオン(ラブリーズは初戦サヨナラ負け)。そしてこの試合に勝った場合、ラブリーズ創部以来史上初となる『ベスト4』進出が掛かった試合となったのです。

緊張で迎えた初回!エラーとヒットから1点を先制され、重苦しい空気となったその裏、ラブリーズの先頭バッターは高橋常務!見事三遊間を痛烈に破るヒットで出塁し、その後死球と進塁打で1死2・3塁のチャンスから内野ゴロでガックリ・・・・・となったところで、高橋常務の本塁突入!好走塁で試合を振り出しに戻し、1対1の同点に!その後はエース田中(HGP配送)の好投、近藤部長の堅実な守備もあり6回まで得点を許さず。そして6回裏、2塁打・四球・峰(八幡SS)のヒットで満塁とすると、エラー・死球という相手のミスから2点を勝ち越す事に成功!そして最終回、田中が相手バッターをねじ伏せる力投をしたところでゲームセット!3対1、見事ベスト4進出となりました!

ラブリーズ史上初の準決勝の報告は、また次月のラブリーズ通信にて!!!